熊谷市・深谷市・行田市の   相続手続き代行センター 本文へジャンプ
トップページ
相続の基礎知識
料金
お問い合わせ
事務所案内
お客様の声
リンク
相続ブログ
相続セミナー
相続によって発生する主な手続きの一覧
死亡に伴う
基本的な手続き
年金・保険金などの
請求手続き
 
相続に関する手続 
相続税申告と
相続財産の名義変更に関する手続き
 
相続税の計算方法について
こんなときどうするの? 
こんなときどうするの?
生前にできること 
争いを未然に防ぐ
「遺言」について
自筆証書遺言の
書き方
 
公正証書遺言の
書き方
 
遺言書の文例 
財産、保険、連絡して欲しい人の一覧表 
 

 相続手続きのこと、お気軽にご相談ください。
 2007年に自分の父親が胃がんで亡くなり、自分自身が相続手続きを経験しました。
 このホームページを立ち上げたのは、自分の経験から、相続が発生したときに「何をやったらいいのかまったくわからない」という方のために情報を提供しようという考えがあったからです。
このホームページの情報をもとにして、ご自分でできる手続きはご自分でやってみることが、亡くなった方への良いご供養にもなると思います。
それでも、
・手続きについて不安・疑問があるとき、
・仕事が忙しくて手続きの時間がとれないとき など
お気軽にご相談ください。


 当事務所の特徴
1 当事務所が「相続の最初の相談窓口」として、手続き全体をサポートします。
「相続」とひとくちに言っても、手続きごとに必要になる専門家は異なります。相続手続き全体をプロデュースする役割として、行政書士を最初の相談窓口にしていただき、相談の内容によって、協力先事務所への依頼を当事務所で行います。(当事務所との報酬とは別に費用が必要になります。)
弁護士、司法書士、税理士など複数の専門家を探して依頼するなどの労力を減らすことができます。
@お客様からの相談⇒    A行政書士
・戸籍謄本の収集、遺産調査
・相続関係説明図の作成、財産目録の作成
・遺産分割協議書の作成
・預貯金、株式、自動車等の名義変更など   
 ⇒弁護士
・調停、訴訟
 ⇒司法書士
・不動産の相続登記
 ⇒税理士
・相続税申告

2 ご相談の料金はリーズナブルです。
相談については「1時間3,000円」でお受けしています。
なお、担当者が不在の場合や他のお客様のご予約があるため、突然ご連絡いただいても、十分な対応がとれない場合があります。電話・メールで事前にご予約をお願いいたします。

3 お客様のご都合に合わせて訪問いたします。
当事務所では、お問い合わせ後の相談は、お客様ご指定の場所に訪問いたします。相続人の方によっては、仕事が忙しくて平日には会って相談できないという方もいらっしゃると思います。土日祝日、お客様の都合のよい日時に合わせて訪問いたします。お気軽にお問い合わせください。

4 報酬・費用は事前に無料でお見積もりいたします。
専門家に依頼すると多額の報酬を請求されるかもしれないと、不安になる方もいらっしゃると思います。そこで、当事務所では相談後に、報酬・費用について事前に無料でお見積もりいたします。料金に納得してからご依頼ください。

5 「営業電話」は一切いたしません。
無料相談・お見積もりの後に、当事務所から営業の電話をすることは一切ありません。遠慮なく他の事務所と費用、対応の比較をしていただき、ご納得いただいてからご依頼してください。

6 プライバシーは守ります。
行政書士には法律により守秘義務があります。仕事の上で知り得た秘密を漏らすことはありません。安心してご相談ください。

 相続セミナー・無料個別相談会のお知らせ

第55回 「成年後見・遺言・相続無料セミナー」
日時   平成28年9月25日 (日)
時間   受付   13:15〜
     セミナー 13:30〜15:00
     個別相談 15:15〜16:45
セミナーテーマ
     ※未定 詳細が決定次第、告知いたします。
参加費  無料 
場所   深谷市 L・フォルテ ツバキ(講習室)
     ※キララ上柴内


予約・お問合せ先
      後見・遺言・相続手続き研究会
      
TEL 048-598-3915

※ セミナーは約90分です。その後は個別の相談に応じております。
※ 個別相談希望の方は事前にお問い合わせ下さい。
(お問い合わせいただいた方から優先して、相談に応じております)
※ 定員、相談時間等については、会場の関係上、限りがあります。
  その点はご理解いただきますようお願い申し上げます。


 相続によって発生する主な手続きの一覧



 こんなときどうするの?
実際の相続(人間関係)は様々なケースが存在します。私の家の場合、どうしたらいいんだろう?という場面に遭遇したときには専門家に相談することをおすすめします。

こんなときどうするの?

 生前にできること



   ページの先頭に戻る